<長谷店日記>鎌倉歴史文化交流館 | かまくら 晴々堂

2020/08/15 13:39


みなさまこんにちは、かまくら晴々堂です。

先日、鎌倉歴史文化交流館に行ってまいりました。
鎌倉は、源頼朝が三方を山で囲まれた軍事的に適した場所として幕府を開いたことは知られています。穏やかな海に面したこともあり、人工的な港を作るなど海外との交易港として発展しており、文化的に発展した土地でした。鎌倉の遺跡からは宋や中部地方の焼き物が多く発掘され、その多くが2017年に開館した鎌倉歴史文化交流館で見ることができます。
鎌倉歴史文化交流館は銭洗弁天に向かう途中にある、三菱財閥の岩崎小弥太の別荘の跡地に開館した、鎌倉でも新しい施設です。
プロジェクションマッピングを利用し、鎌倉の縄文時代から近代までの歴史を紹介したり、歴史にそった発掘物をわかりやすく展示してあったりと、歴史を感じられてとても良い時間を過ごすことができました。
皆様も素敵なひとときをお過ごしください。

相変わらず暑い日が続きますが、夏の暑さにめげないお茶といえば
漢方茶。
当店では、体に足りないものを補い、余分なものを取り除くという漢方の考え方に基づき、美味しく飲める漢方茶をご用意しております。
また、数量限定ではありますが長谷店店頭では、国産レモンと和漢植物をふんだんに使用した「国産レモンのレモネード」の販売もしております、鎌倉にいらした際には是非お試しいただけましたら幸いでございます。
それでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さい。