<長谷店日記>江ノ島灯籠2021 | かまくら 晴々堂

2021/07/24 18:59

みなさまこんばんは、かまくら晴々堂です。
毎日暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

先日夕涼みに、7月17日から始まった『江ノ島灯籠2021』を観に行ってまいりました。とても綺麗な光のイベントでした。
先ず最初に驚くのは江ノ島神社の『瑞心門』に施されているプロジェクションマッピングです。映像は江ノ島に伝わる五頭龍と天女の伝説です。悪行を重ねる五頭龍が恋心を抱く天女に諭されて悪行を断つ、シーン毎に違う配色でプロジェクションマッピングが映し出され、写真撮影チャンスも自然と多くなります。色使いが鮮やかです。光の中をくぐるように階段を登るのは圧巻の迫力があります。江島神社辺津宮、中津宮も江ノ島内の木々にも光の演出が施されています。そして、島内には灯籠が優しげな光の演出の道標となって龍恋の鐘、御岩屋までの道、サムエル・コッキング苑まで続きます。往復で1時間程滞在しましたが、見所が沢山あって時間は足りない位でした。『江ノ島灯籠2021』は8月も催されているようですので、近いうち再度出かけてみようかなと思います。
では、皆様も素敵なひとときをお過ごしくださいませ。